テレビ電話で先輩の部屋にバイブを発見!憧れの先輩と相互オナニー

ぼんじりさん(22歳 男性 神奈川県 非営利団体職員)からの美術部の部長とのテレビ電話エッチ体験談投稿です。

美術部の部長は、誰からも好かれる憧れの先輩。
作品へのアドバイスも的確です。
でも実は先輩は相当なオナニストだったようで…。


憧れの先輩はオナニー大好き女子
憧れの先輩はオナニー大好き女子

私は現在22歳の非営利団体勤務の男性です。

今から5年前の高校生の時に初めて親からスマホを買ってもらいました。

ずっと欲しかったスマホが手に入り、毎日暇さえあればネットサーフィンをしたりアプリで遊んだりしていました。

そんな私は高校時代、美術部に所属していました。

私が15歳で入部した当時、部員は私を入れて僅か5人ほどで、部長は3年生の恵という生徒でした。

17歳の恵は、背が高く美人でリーダーシップのある生徒で、誰からも好かれる人でした。

私も彼女に憧れを抱いていた1人でした。

黒い棒状の物体はなんとバイブレーターだった

ある夏休みの夜、私は絵画コンクールに出すための絵の制作にとりかかっていました。

しかし思うように制作が進まず途方に暮れていました。

このままでは時間だけが過ぎると思った私は、部長の恵に相談することにしました。

当時私達は、美術部員のグループLINEを作っていたのでお互いいつでも連絡を取れるようになっていたのです。

早速LINE電話で恵に電話しました。

恵は、寝ていたのか少し眠そうな声で電話に出ました。

そして、

「作品を見せて。アドバイスをしてあげる」

と提案してきました。

そこで私は、LINEのテレビ電話機能を使って自身の絵を恵に見せました。

恵は普段とは違い白いシャツに短パンというラフな格好で、どうやら自分の部屋にいるようでした。

リラックスした雰囲気の恵は、私の絵を見ると、色の濃淡の使い分けや、全体の構図についてアドバイスしてくれました。

的確な指摘に、流石は部長と感心した私は、恵が座っている後ろの棚にちらっと黒い棒状のものが置いてあるのに気が付きました。

次第にその物体が気になり始めた私は、恵の話が入って来なくなりました。

そして、よーく目を凝らして見ると、なんとその黒い棒状の物体はバイブレーターだったのです。

その表情はもはや発情した雌

すっかり上の空になった私に気付いた恵は、

「ちょっと、聞いてるの?」

と怒ってきました。

それでも私は、恵がバイブでオナニーする姿を想像し、つい興奮し顔を赤くしてしまいました。

恵は、怪訝そうな顔で

「何顔赤くしてんの?」

と睨んできました。

私は、次第に勃起していく息子を抑えることが出来ず、

「恵先輩、いつもそのバイブでオナニーするんですか?」

と聞きました。

恵は、

「いや…これは違うの…」

と急に取り乱し、後ろ手でバイブをさっと背中に隠しました。

私は、

「先輩、ぜんぜん隠さなくていいんですよ。それよりも僕のちんちん見てくれませんか?」

と言って、勢いに任せて画面の前に勃起したチンコを差し出しました。

すると、男のリアルなチンコを見るのは初めてで興味津々だったのか、恵は

「すごーい…」

と呟いて画面越しに肉棒を観察しました。

調子に乗った私は、

「せ…先輩、そのまま見ててください…」

と言うと、オナニーを披露しました。

後輩のオナニーを鑑賞する恵の瞳孔は拡大し、その表情はもはや部活の先輩ではなく単なる発情した雌でした。

相当なオナニストだと確信

私は、一心不乱に息子をしごきながら、ダメもとでこうお願いしました。

「先輩、恵先輩がオナニーしてるとこも見たいです」

と。

恵は、諦めたような表情になり、

「他の部員には内緒だからね…」

というと、ゆっくりとシャツと短パンを脱いで全裸になりました。

Cカップほどの真っ白なおっぱいと、黒々と生えたマン毛…。

そのままデッサンしたくなるほど恵の裸体は完璧でした。

恵は、M字に開脚すると、隠していたバイブをマンコにあてがい、オナニーを開始しました。

バイブのぶいーんという音と共に、恵は虚ろな表情になり、

「あっ…嫌…。見られて恥ずかしい…」

と言いながら喘ぎ声をあげました。

恵は、おっぱいを揉み、バイブでクリトリスを刺激していました。

その手つきは慣れていて、私は恵が相当なオナニストだと確信しました。

私達は、お互いオナニーを見せ合い、ほぼ同時に絶頂に達してしまいました。

その後、恵とは勿論部活で顔を合わせる事になったわけですが、私達は相互オナニーをしたことについて直接話すことはありませんでしたし、なんら進展はありませんでした。


ご投稿ありがとうございます。

憧れの美術部の先輩とLINEでビデオ通話。
油断していたのか映像から先輩の部屋にバイブがあることを発見してしまい、相互オナニーへと発展します。
これは興奮するシチュエーションですね。
ビデオ通話で油断している女子は多いようですよ、部屋着がエロかったり服が緩くて色々チラ見えしたり、そんなことからエッチな話になっていくことも…。
このハプニングもビデオ通話の楽しみですね。

後日、先輩と相互オナニーしたのに進展しなかったのは残念でしたね。
でも楽しい思い出となったことでしょう。