合コンで知り合った女性とLINEのビデオ通話でオナニーを見せ合いっこした

ピッピーさん(29歳 男性 東京都)からのペニス写真コレクターとのテレビ電話エッチ体験談投稿です。

セフレとLINEでの相互オナニーを体験したピッピーさん。
実は彼女は今まで付き合ってきた彼氏や友達のペニスの写真を集めているド変態だったことが判明します。
友達としてはいつまでも…でも恋人としてはご勘弁を…という気持ちのままエッチな関係は続いているようです。


合コンで知り合った女性とLINEでテレビ電話エッチ
合コンで知り合った女性とLINEでテレビ電話エッチ

僕はアプリ「LINE」のビデオ通話機能を使用して、相手の女性に僕がオナニーしている所を見てもらいながら相互オナニーをしました。

この女性は合コンに行った時に知り合った女性であり、友達以上恋人未満の間柄で、ある時ふと僕がLINEで相互オナニーをしないかと提案をしたのです。

僕たちはいわゆるセフレのような関係であり肌を重ねたことがあります。

ですがセックスができるのは実際に二人が会っている時のみであり、社会人である僕ら二人は会う時間という物を確保し辛いという現状があったのです。

そんな中提案したビデオ通話による相互オナニーを、彼女は快く承諾してくれました。

はじめてのLINE相互オナニー

実際に相互オナニーをしてみたのですが、まずは下着だけを下ろして性器が見える形で互いがオナニーを行っていくという方法でビデオ通話をしました。

くちゅくちゅという卑猥な音声がスマホのスピーカー越しに聞こえてくるいやらしさと共に、オナニーを見られているという不思議な感覚に興奮の度合が高まります。

情けないことに最初にイってしまったのは僕の方であり、射精した精液をティッシュで受け止めていると、彼女はそのティッシュをこちらに見せてほしいと言ってきたのです。

なんだか興奮した僕はそのティッシュをスマホのカメラに近づけたところ、彼女からそのままにしていて欲しいと言われました。

彼女は精液が付いたティッシュを見ながらオナニーをしており、やがて達した時には非常に満足感のある表情で余韻に浸っていた事を覚えています。

その後は互いに性器をスマホの画面に近づけてスクリーンショットを撮り合うなどふざけたことをしていました。

そして彼女から待ち受けを僕のペニスの画像にしたと言われたときには、恥ずかしいからやめてくれとなぜか言えなかった自分がいます。

というのも彼女のスマホの保存領域には僕のペニスの画像があるという事であり、彼女は僕のペニスの写真を見ていずれオナニーをであろうと考えると非常に興奮するからです。

彼女のクリトリスが勃起

スクリーンショットを撮った後、次はお尻を向けた状態で互いにオナニーを開始します。

僕はこの時点で既に2回射精をしており、ほとんど性欲は減退していたのですが、彼女の方は全くと言っていいほど性欲が抑えきれていないとの事でしたので、僕は彼女にアナルを向けながらオナニーすることにしました。

お尻を向けた状態で交互に行う事にし、僕がお尻を向けているとき彼女がどのような顔をしていたかという事はあまりわかりませんでしたが、興奮してくれていることだけはわかります。

続いて彼女がお尻を向けながらオナニーをしている様子を見ていた時には、彼女のクリトリスが非常に大きく勃起していたという事が強く印象に残りました。

クリトリスは見え辛い体勢でしたが、異様な興奮のさなか彼女のクリトリスは異常なまでに大きくなっていたのです。

その下に続く彼女の秘部に指を抜き挿ししている様子を見ながら、僕は減退していた性欲がだんだんと戻ってくることを感じました。

僕は彼女のバックを見ながら再度オナニーを開始し、達することはできませんでしたが良い物が見れたという気持ちで無事LINE電話でのエッチは完了したのです。

ペニスの写真コレクター

僕は彼女に

「まだ僕のペニスの写真持っているの?」

と聞くと彼女は

「うん」

と答えました。

なんでも僕の目論見通り彼女は僕のペニスの写真を見ながら時折オナニーをするそうで、さらに聞くと彼女はいままで付き合ってきた彼氏や友達のペニスの写真を集めているコレクターなのだとわかったのです。

こんなド変態とたまたま合コンで知り合ったという奇跡に僕は何か不思議な運命を感じ、「友達としてはいつまでも…でも恋人としてはご勘弁を…」という気持ちのまま関係が続いています。


ご投稿ありがとうございます。
ピッピーさんは合コンで知り合った女性とセフレ関係に。
会えない時はLINEでテレビ電話エッチをしています。
女性の方は実は今までの相手のペニス画像をコレクションしている変態さんでした。
これはピッピーさん以外にももっとたくさんの男性と遊んでいそうですね。
気軽にテレビ電話エッチを楽しむ相手には良いですね。


PAGE TOP